ホームページデザインを更新しました!

誰でも簡単!スマホ写真も美しく見える♪ バランスの良い写真の構図「三分割構図」って?

構図、と聞くと難しく感じる方も多いかもしれませんが、写真を撮るときには何気なく撮るのではなくこの「構図」というのが頭の中に少し入っていると少し違った写真になるかもしれませんよ!

例えば以前から「グリッド線を表示したほうがいいですよ!」って書いてきたと思います。これは、構図を意識しやすいよってことだったんです。

今回は、一番誰でも簡単に実践できる「三分割構図」について紹介していきますよ〜!

こうちゃん

ホントに簡単??
もっちろん!スマホでもカメラでもなんでも使えるヨ!

つっつー

まずはグリッド線についてみてみよう!

iPhoneではこのようなグリッド線が表示できます。もしまだ設定していなかったらこちらの記事を参考に設定してみてください。

このグリッド線にどのような意味があるかと言いますと・・・!!!

このように、風景写真では水平をしっかりと考えるのが大切です。斜めになっているとアンバランスですよね汗 このグリッド線があることによって、斜めにならずにしっかりと水平のとれたバランスのいい写真になります。そして、三分割構図では、このグリッド線が非常に重要で役に立つんです!!!

三分割構図ってどんな構図?

では続いて三分割構図を実際に使ってみましょう!

グリッド線をよくみてみると・・・縦横2本ずつの線で写真を縦横3分割していますよね。これが構図の名前の由来です!ではこの3分割の線がどのような役割を持つのかを見ていきますよ〜

とってもわかりやすいジョージア国旗って!?

ジョージアって国の国旗を見てみましょう。

こうちゃん

いや、ジョージアってどこやねん!?
今まではグルジアという名前で呼ばれていたヨーロッパとアジアの境目にある国なの!国旗がめっちゃわかりやすいから見て!

つっつー

 

この国の国旗を見てみましょう。

こうちゃん

あれっ?どことなく・・・三分割構図ににてたり・・・?しない??
だら!!

つっつー

こうちゃん

三河弁うつってるし・・・

ちょっと雑ですが三分割構図ににた線を書いてみると・・・

はい!そうなんです。このジョージア国旗の十字架のようなマークのところに交点がありますよね。その線に合わせて取りたいなって思う被写体を配置するんです。iPhoneのグリッド線でいうと、

 

雑ですけどこの青丸のところに被写体を置くとバランスが良くなるんです。

嘘じゃないですよ!笑

つっつー

早速交点を意識して写真を見てみよう!

まずは、旅行に行った時の記念写真にも応用できるような例を出していきましょう。

Canon New EOS Kiss EF50mm F1.8 STM ×ProImage100

この写真はまさに!と言っても過言ではないほど三分割構図です。オレンジ色の車が右下の交点観覧車は右上の交点です。また後で応用編にて解説しますが、余白の使い方を考えることができるのも「構図を意識する」ことの利点ですね。

一目惚れの恋人に再会したような出会い。日産 フェアレディZ33 「愛車とわたし~相棒との記録~」#1

Canon EOS 7S + EF50mm F1.8 STM (Kodak Portra400)

こちらの写真は、左上の交点にモデルさんたちを置いています。

EOS 7D MarkⅡ+EF50mm F1.8 STM (F5.0 1/350 ISO100)

こちらは左下ですね。

Kodak Portra400 × Canon EOS 1V-HS

今度はどの交点に合わせたのでしょうか・・・?

はい、右上ですね!

だいたい三分割構図のイメージが固まってきましたか〜?




被写体のむいている方向と余白

三分割構図では被写体の置く場所だけでなく、余白も考えることでさらにバランスの良い写真にすることができます。

余白っていったいどのようなものなのか見ていきましょ〜!

Canon EOS R6+EF70-200mm f/2.8L IS II USM (F2.8 1/125 ISO200)

例えばこちらの写真。女の子二人は左を向いていますよね〜!ですから、向いている方向=左側をあけます。

Canon EOS R6+EF24-105mm f/4L IS II USM (F4 1/125 ISO125)

こちらは右向きですね!ですから右側をあけています。

そうすることでどことなくバランスがいい写真になるんです。

ちなみに、EOS R6というキヤノン新型のフルサイズミラーレスカメラのそのほかの作例はこちらにあります!フルサイズ・・・欲しい!!!

フルサイズミラーレスEOS R6の作例つき!祖父江にイチョウを撮りに行こう!

被写体をど真ん中に置くのはよくないの?

Canon EOS 7D MarkⅡ +EF24-105mm f/4L IS II USM(F4 1/60 ISO100)

Canon New EOS Kiss +EF50mm F1.8 STM ×ProImage100

こんな感じにど真ん中に置くのはどうでしょう?真ん中に置くと、見る人は自然にその被写体に注目するので「ここぞ!」という時にはこの構図も使えます。

つっつー

このような構図を日の丸構図っていうよ!

Canon EOS 7D MarkⅡ+EF70-200mm F2.8L IS Ⅱ USM (F2.8 1/800 ISO100 )

見せたいものが決まっている時にはお勧めです。

しかし、平凡な写真になってしまいがちなため、先ほど紹介した三分割構図が使えるようになると表現の幅が広がりますね!

 

つっつー

この三分割構図や日の丸構図の仕組みについて頭に入れて色々な写真を見てみてください!意外と使われていますよ〜!
撮影アプリを使わず iPhoneで簡単に素晴らしい夜景写真を撮影・編集するコツを紹介!in スカイプロムナード スマホがフィルムカメラに!?Dazzカメラでエモい写真を撮ろう!

では、今回は誰でも簡単に使える構図の紹介でした〜!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です