スマホサイト左上のメニューに当サイトの説明があるのでご覧ください

写真編集における用語集!iPhone写真編集を使ってみよう②

写真編集における用語集!iPhone写真編集を使ってみよう①

前回は、写真の明るさを調節する方法についてご紹介しました。
今回は、色味と形をと整える方法について紹介していきます!

 

iPhoneって意外と高度な機能があるので、是非試してみてください!!

色味の調節

彩度と自然な彩度

彩度は全体の鮮やかさを調節できます。
-にするとモノクロのように、+にするとコテコテに色がのった写真になってしまいます。

自然な彩度の方は、比較的鮮やかさが足りない色味の彩度を調節する機能のようです。
思いっきり上げても違和感が出にくいので自分は自然な彩度をよく使って調整しています。

暖かみ(ホワイトバランス・色温度)

編集ソフトによってさまざまな言い方がありますが、写真の温度感を調節する機能です。
+にするとオレンジがかかった暖かい印象に、-にすると青っぽい冷たい印象になります。

曇りの日に撮った写真や室内で撮った写真で、
目で見た景色よりも色が少し違うなと思った時は動かしてみてください。

MEMO
工場やビル群、車など人工物が映った夜景を編集するときは、
この色温度を下げて冷たい印象にするといい感じに仕上がることもあります!やってみてください。

色合い(色相・色かぶり補正)

写真全体にかかってしまっている特定の色味を除去するために調節します。
+にすると赤みが強く、-にすると緑が強くなります。

ホワイトバランスを調節した際に顔が少し赤くなってしまったり、
影の色が緑や赤になってしまったりした時に調節すると自然な色になります。

MEMO
桜の花びらの色をピンクにしたいときにも使うことができます。

シャープネス

被写体の輪郭や境界線を強調することができます。
少しピントが甘かったかな?って思った時には強くすることで多少ごまかすことができますが、
輪郭が強調されて、ざらついた写真になります。

基本的には撮影時にしっかりピントを合わせて撮影し、シャープネスは弱めに利用するようにします。

シャープネスを100にした写真。

 

精細度

精細度も被写体の輪郭が強調されますが、ハイライトを抑えつつ輪郭の内側がパキッとした印象になるようです。
写真をズームして見比べてみてください。どの辺が変わるかわかると思います。

Lightroomの「テクスチャ」と似た印象です。

ノイズ除去

暗いところで撮った写真に写ってしまったざらざら感をやわらげる機能です。
しかし、やりすぎるとディテールがなくなってしまうので注意が必要です。

MEMO
このシャープネス、精細度、ノイズ除去をうまく使えば優しい印象の写真を作り上げることもできます。
まず、シャープネスを強めに上げて輪郭を出します。
次にノイズ除去を上げて全体をふんわりぼかした感じに調節します。
このままだとピントが合ってるのかあってないのかいまいちな写真なので、ここで精細度を上げて整えます。
もともとの写真がピントがしっかりあっていれば、
これでふんわりとした印象の写真を作ることができると思います。

 

ビネット(周辺減光)

最後にビネットという機能があります。
これは写真の四隅の明るさを調節する機能で、少し暗くすると古いカメラで撮ったような写真になります。
フィルム感を出したいときや、真ん中の被写体を強調したいときなどに有効です。
逆に、一眼レフカメラで撮った写真等では、レンズの周りが暗くなってしまうこともあります。
その時は+にすると自然な仕上がりになります。

つっつー

これで一般的な補正の説明は終了です。
他にもフィルタといってよく編集されるイメージにすでに調節されたプリセットがあります。
これを先に適用してから明るさの調整などをしていくのも有効な手段だと思います。

 

写真の形を整える

最後は、トリミングと傾き補正です。

写真を撮った時に斜めになってしまった時や、建物の映り方を調節する際に使います。
では早速紹介していきます。

 

トリミングと角度

トリミングは余計なものが映ってしまった時や構図を変更したり、
正方形サイズに変更したりするときに使うことができる、写真を切り取る機能です。

角度は写真を一度単位で回転させることで水平を調節できる機能です。
風景写真や建物写真はやはり水平が正しくとれていないと
どことなくアンバランスになってしまいます。
しっかりまっすぐになるように補正しましょう。

写真の縦横比を指定せずに、自由形式でトリミング。

水平線が若干傾いていたので補正した。

シフト補正とティルト補正

次のシフト補正は使ったことない方が多いのではないでしょうか。
自分もめったに使ったことがないのですが、この記事を書くときに使ってみて驚いたので紹介します。

建物を撮った時、下から見上げるようにとると遠近法で上に行けば行くほどすぼんでしまいます。
これを補正し、真正面から撮ったように補正することができるのがシフト補正です。
ティルト補正は、建物を斜め横から撮った時の補正に使うことができるものです。

シフト補正を使って木がまっすぐ垂直になるように補正した。

ティルト補正を使ってみている図。今回の写真では、シフト補正は使う必要がなさそうだ。

このように、撮った高さやレンズが原因で起きてしまうゆがみを補正する機能がついているのです。

この写真の形を補正する機能を使う前と後で比べてみましょう。

水平がしっかりとれているだけでも大きくバランスが異なることが分かったでしょうか。
撮影時から気を付けて水平が取れればいいのですが、傾いてしまうこともよくあると思います。
その際はしっかり調節してあげてください!

 

つっつー

以上がiPhoneに入っている編集機能です。意外と何でもできることが分かったと思います。
しかし、次回以降ご紹介するLightroomでは、さらに部分補正や色味ごとの調整など様々な機能が付いています。
今回の記事で、写真を撮るだけでなく撮った後の編集も楽しめると思っていただけたら幸せです。
「取り込みと基本補正篇」Lightroomの使い方!やさしい詳細解説①

 

 

3 COMMENTS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です