スマホサイト左上にメニューボタンを追加しました!ご覧ください。

シャッタースピードを変えて目に見えない世界をスローシャッターで切り取ろう! ~下灘駅の夕焼けと仁淀川の流れ~

みなさんは普段写真を撮るときはどんな撮影モードで撮っていますか?

Canon EOS Kiss X7iのモードダイヤル

つっつーは普段、開放F1.4の単焦点レンズをつけてAvに設定して、F2.5で撮影しています。

AvとかTvってなぁにって方!めっちゃ読みやすい記事があるのでぜひ読んでみてください!

カメラの基本用語解説②撮影モード・ISO編

今回はこの撮影モードをTvに設定して、シャッタースピードを自由に決めて写真を撮ってみましょう!

普段目には見えない面白い世界を写すことができますよ!

大自然の中でスローシャッターを使おう!

スローシャッターとは、シャッタースピードを比較的遅く設定することです!

早速ですが、こちらの写真を見てみてください~!

EOS 7D MarkⅡ+EF16-35mm F2.8L Ⅲ USM (F9 1/30 ISO100)

シャッタースピードは1/30にしました!さらにこれを遅くしてみます…

EOS 7D MarkⅡ+EF16-35mm F2.8L Ⅲ USM (F22 1/6 ISO100)

ででーーん!

つっつー

シャッタースピードを遅くして水の流れがより流れてる感が出ました!絹のようになるのが特徴です。
三脚を使うとより自由なアングルから撮影できるのでお勧めです!

こうちゃん

つっつー

でも、今回の写真は大きな岩に置いて撮っているので、三脚がなくても試せたりします!この後三脚がないときでもスローシャッターを楽しむ写真も紹介しますので読み進めてください!

EOS 7D MarkⅡ+EF16-35mm F2.8L Ⅲ USM (F2.8 1/1000 ISO2500)

今度は反対にシャッタースピードを上げて水しぶきを止めて急流感を出してみました。

大自然の中で撮る写真は、そのまま何気なく撮るとただの記念写真になりがちなので一歩進んだ写真を撮るのは難しく、悩みどころです。

ところで・・・この場所結構きれいなところだと思いませんか?

EOS 7D MarkⅡ+EF16-35mm F2.8L Ⅲ USM (F2.8 1/125 ISO320)

ここは四国・高知県を流れる仁淀川という川沿いにある渓谷です。

仁淀ブルーと呼ばれていることで有名な仁淀川の奥地にある渓谷で、曇りの日でもこんな感じの川の色ですからきっと青空太陽光の下ではもっときれいなんでしょうなぁ!

EOS 7D MarkⅡ+EF16-35mm F2.8L Ⅲ USM (F2.8 1/1000 ISO1250)

EOS 7D MarkⅡ+EF16-35mm F2.8L Ⅲ USM (F3.2 1/1000 ISO1250)

EOS 7D MarkⅡ+EF16-35mm F2.8L Ⅲ USM (F2.8 1/100 ISO6400)

左の写真のように巨大な岩の間を歩きながら、岩の合間から覗く川の色や木々の色が美しいです。

そして、渓谷の一番奥には大きな滝があります。

カメラの設定を見てもらえばわかるんですが、だいぶ暗いです!

そして、水しぶきが大量に飛んでくるので先っぽまで行くとだいぶ濡れます笑

マイナスイオン~~!!

つっつー

帰り際に先ほどスローシャッターで撮った川をもっとシャッタースピードを遅くして撮ってみました!シャッタースピード比較できるようにしてみたので見てみてください。

ほら!だいぶ流れがきれいに、優しい感じになりましたよ~!!

 

四国は、自然がとってもきれいでご飯もおいしいのでまた行きたいところです~!

(この写真は2019年8月に探訪、撮影しています。)

 

スローシャッターで光の軌跡を一枚に映しこむ

スローシャッターでやってみたいものといえば、光の軌跡を撮る!ですよね。一度は見たことある方も多いのではないでしょうか?

普通は三脚があった方がもちろん自由なアングルで撮ることができ、作品の完成度も上がるものです。

でも・・・以前、駅で三脚を立てられない場所でのスローシャッター撮影に成功したんです!!

EOS 7D MarkⅡ+EF18-55mm F3.5-5.6 IS STM (F20 10秒 ISO100)

どうだっ!

運よくプラットホームに人もいなくていい写真が撮れました~。

この後ずっと同じように車のヘッドランプやテールライトの軌跡を狙っていましたが、どんどん夕焼けが真っ暗に…。

シャッタースピードも30秒と遅くなり、人もたくさん入ってしまいました。

EOS 7D MarkⅡ+EF18-55mm F3.5-5.6 IS STM (F20 30秒 ISO100)

つっつー

さて、では一体どうやって撮影したのかといいますと・・・?

iPhone7

こうちゃん

なんと!笑笑そうきたか!!
これぞ有効活用~!

つっつー

そう!駅名標の上、お借りしました笑

制限された場所ながら意外といい写真が撮れるもんです!

そして・・・この駅は、海と駅が近く、夕焼けがとてもきれいに見えることで有名な、下灘駅です。

ほら!こんなに駅と海が近いんです~。そして、単線・無人駅ながらこの人の多さ・・・

今だと「密です」って言われちゃいますね汗(2018年8月探訪・撮影)

iPhone7

逆に、この人の多さを上手に使えば、シルエットにしていい感じの写真に仕上げることもできますよ!

EOS 7D MarkⅡ+EF18-55mm F3.5-5.6 IS STM (F11 1/500 ISO400)

このタイミングでは、たくさん人がいましたが、カップルだけが座るとそれもまた味わい深い写真になります。

逆に、記念写真を撮ろうと二人でベンチに座ろうもんなら一斉にシャッターを浴びることになりますが…笑

EOS 7D MarkⅡ+EF18-55mm F3.5-5.6 IS STM (F10 1/250 ISO100)

背の順で並んで座るとかかわいすぎです笑

ズームして撮影しても、駅っぽい感じが残ったかなと思います。

 

最後は夕焼けのきれいな下灘駅の説明になっちゃいましたが、スローシャッターはカメラを置きっぱなしにできるところさえ見つけることができれば撮れるので、ぜひ皆さん挑戦してみてください!

太陽がほぼ沈んで後は電車を待つだけになった観光客たち。

 

夏といえば…花火!スローシャッターがとってもきれい!

打ち上げ花火や手持ち花火の撮り方についてはまた花火をしながら撮影して特集記事を組みますが、スローシャッターで撮る花火はとってもキレイなんです!

EOS 7D MarkⅡ+SIGMA 30mm F1.4 DC HSM Art(F9 47秒 ISO100 )

文字を書いてみました~!

この日の花火はやっすいのだったので・・・花火がしょぼくてあんまりいいのが撮れてなくて残念です泣

Canon EOS Kiss Digital X +EF50mm F1.8 STM(ƒ/6.3 1/4 ISO1600)

そういえば、カメラを本格的に始めてから一度も花火大会に行っていないことに気づきました…。

めっちゃ古い写真でしかも手持ちですが、遅くすると花火が流れてきれいなんです。

対して手持ち花火では、少し早めにすることで、人物と一緒に撮ることもできるのでおすすめです。

EOS 7D MarkⅡ+SIGMA 30mm F1.4 DC HSM Art(F2 1/500 ISO6400 )

背景に浴衣なんてどおですか~?

EOS 7D MarkⅡ+EF50mm F1.8 STM (F2.5 1/125 ISO100 -1EV)

花火にぐっと近づいて、前ボケを作るっていうのも良きだなって思ったのですが、全然飛び散らなくて残念です。

EOS 7D MarkⅡ+SIGMA 30mm F1.4 DC HSM Art(F2.5 1/10 ISO5000 )

手持ち花火を撮るときのポイントなども、また紹介できたらいいな~と思います。

 

今回は、シャッタースピードを固定する撮影モード、Tvで、スローシャッターを撮ってみる企画でした。

これから夏休みも近づいているので、いろいろと撮り逃さないように、ここカメ!でぜひ学んでくれたら嬉しいです~。

高速シャッターで動きを止める編、少し遅めのシャッタースピードで流し撮りをする編も今後書いていこうと思います!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です