スマホサイト左上のメニューに当サイトの説明があるのでご覧ください

期限切れフィルムってどんな感じ?Kodak ProFotoXLを使ってみた ★つっつーの雑記帳No.2

どうも~つっつーです。

つっつー

まずつっつーの自己紹介、まだ読んでないよって方はぜひこちらのプロフィール読んでいただけたらなと思います!
ちょくちょくプロフィールページを更新しているので、昔開いた時から更新されていることもありますので開いてみてください!新しいタブで開きます。

今日は、春休みに現像したフィルムの Kodak ProFoto XL 100というフィルムを紹介します!

このフィルムは期限切れだったんです。

 

つっつー

フィルムにも食品みたいに期限があるんです!

フィルムの魅力を伝える記事はこちら!

デジタルとは違ったフィルムカメラの味とは?フィルムってこんな感じ!

フィルムにも期限がある!?

2019年の12月にフィルムを使い始めて2020年の1月に撮り終えたんです!

気になる期限なんですが・・・箱の裏に書いてあります。

!!!!! 2014年!!

このフィルムは神奈川県にあるチャンプカメラさんで「期限切れフィルム」として購入したものです。

お早目に使ってみてくださいってことだったんですが…

買ってから・・・かれこれ・・・1年半くらい我が家の冷蔵庫に眠ってまして・・・

ふと使ってみようと思ってようやく使ったわけです笑

ほかにも・・・こんな感じでちゃんと書いてあります・・・
が、たまに書いていないのもあるので…そういう商品は買う前にしっかりお店の人に聞いてみましょう。

2014年までのフィルムを2020年に撮影・現像する

今回は、いつも使っているキヤノンのデジタル一眼レフと同じレンズを使うことができる、

NEW EOS Kiss というカメラを使って撮ってきました~。

NEW EOS Kiss + EF50mm F1.8 STM +Kodak ProFotoXL

NEW EOS Kiss + EF50mm F1.8 STM +Kodak ProFotoXL

つっつー

え!普通にええ色味しとるやん!てかKodakらしい暖かい感でぃで良き!

ってなりました。青空もしっかり出て、なかなかいいフィルムです。

NEW EOS Kiss + EF50mm F1.8 STM +Kodak ProFotoXL

暗めのところで撮ると、ISO100ということもあってか暗いところが赤っぽくなってしまいましたがまだまだ使える範囲ですね。

ほかの写真を見ても、曇りの日に撮った写真は赤みが強かったです。

また、蛍光灯の下で撮影すると…

NEW EOS Kiss + EF50mm F1.8 STM +Kodak ProFotoXL

ちょっとぶれてしまいましたがフィルムらしくしっかり緑になってしまいます。

MEMO
普通のフィルムはデイライトっていって、屋外で撮るときのホワイトバランスにあわせてあるんです。ですから室内で撮ると色味が変わってしまうんですね~。そのほかにも、蛍光灯や水銀灯ではそのライトから発している何かがフィルムと反応して緑色とかになってしまいます。防ぐためには、レンズにフィルターを付ける必要があります。(後日解説します!)

NEW EOS Kiss + EF50mm F1.8 STM +Kodak ProFotoXL

NEW EOS Kiss + EF50mm F1.8 STM +Kodak ProFotoXL

青空もきれいに出て、どこで撮ってもフィルムらしい優しい味わいを楽しむことができました。

路地の写真でも、蛍光灯が緑になってしまっているのがよくわかると思います。

 

期限切れフィルムで上手に撮るポイント

これは自己流なので一概には良い悪いは言えないのですが・・・、

普段より少し明るめに撮影する

これが一番透明感もある写真が撮れた気がします。

今回はすべて+0.5~+1EVで撮影しました。

普段も少し露出補正を上げて撮影しているのですが、期限切れフィルムはさらに上げて撮影するとよいといううわさを聞いたのでやってみました。

適正露出のと比べたわけではないので説得力に欠けますが、結果しっかり写った写真が撮れています。

この写真とか特に赤みも出ることなくしっかり写ったなという印象です。

おそらく、適正露出で撮影すると暗い部分に赤みが出てしまったのではないかなと思います。

NEW EOS Kiss + EF50mm F1.8 STM +Kodak ProFotoXL

屋外で撮影した写真は暖かみも出ていて、2014年から6年の使用期限が過ぎていても、
いつものフィルムのようにしっかり写ってくれて満足です。

 

期限切れのせいでうまく映らなかった例

では、過去にとーーっても期限切れになってしまい、本来の色味に映らなかった写真を紹介します。

2006年ごろ自分が小学校の頃に使い始め、現像をしたのはその6年後という写ルンですのISO1600です。

確か使い始めた時点で期限まであと1年みたいな写ルンですだったと思います。

早速見てみましょう。(当時の写真をデータ化していなかったのでスマホで写真を撮っています…)

フジカラー 写ルンです 1600 Hi-Speed

画面の隅が暗くなり、青みがやけに濃くなってしまいました。

フジカラー 写ルンです 1600 Hi-Speed

こちらは少し赤みが出ているほか、青空の色が出ていません。ほかの写真を見る限り、この日の天気は晴れだったようです。

フジカラー 写ルンです 1600 Hi-Speed

西武池袋線保谷駅のホームがまだ二つ!ってとこにも懐かしさを感じますねぇ笑

全体的に、色が濃くないところの彩度が落ちてしまっているようです。

フジカラー 写ルンです 1600 Hi-Speed

こちらは最後の撮影から5年ほど経過した2012年ごろに、引き出しから出てきて

「あれまだ10枚撮れるやん!」ってなってお出かけに持ち出して撮った写真です。

うーんだいぶ色味が変わってしまっている気がします。

フジカラー 写ルンです 1600 Hi-Speed

当時電車にも興味あったんですね笑、懐かしい電車の引退の日、写真を撮ってきました。

もう青空が色あせてしまっています。

ちなみに、この日に期限内に撮影したフィルムではこのような写りでした。

Canon New EOS Kiss + EF28-80mm F3.5-5.6 Ⅳ +Fuji SUPERIA PREMIUM400

やはり彩度が落ちているようですね。

とはいえ、一眼レフでISO400のフィルムと、写ルンですでISO1600ですからもともと色味やシャープさは結構違うものがありそうです。

ちなみに、この日の写真で一番自分的にしっくりきた写真はこの写真です。

Canon New EOS Kiss + EF28-80mm F3.5-5.6 Ⅳ +Fuji SUPERIA PREMIUM400

 

話がそれました。笑

とまぁこのように、フィルムの期限はしっかり守る方がよき!ではありますが、期限切れフィルムも少し値段が安くてまたフィルムらしい味を出してくれます。

しっかり写るかどうかはわからないけど、チャレンジしてみるのも楽しいかもしれませんね!!

私の家にはまだ何本か期限切れフィルムがあるので、いろいろ試してみたいと思います!

つっつー

単純に使うのもったいなく感じて期限切れになってしまったという逆にもったいないことに…(;´д`)トホホ

 

スマホがフィルムカメラに!?Dazzカメラでエモい写真を撮ろう!

昨日、iPhoneでフィルム写真が撮れるアプリ、Dazzカメラの記事を書いていたら、ハーフカメラって可愛らしくて楽しそう!

なんて思ってしまって、初めてメルカリを使ってキヤノンのハーフカメラを買ってみました。

名前はキヤノン Demi S。1964年に発売されたカメラで、当時の値段で1万4000円。当時の公務員(大卒)の初任給が19100円という時代だったそう。そんな古いカメラでどんな写真が撮れるのか、楽しみです。

キヤノンのカメラはこれで小学校~中学の頃使っていたコンパクトカメラ(3台)にレンジファインダーカメラ、FDマウントの一眼レフ、EFマウントのフィルム一眼レフ、デジタル一眼レフと何気にしっかり集めちゃってます。

早く特集組みたいな~!楽しみ!

以上、久々のバイトで筋肉痛になったつっつーでした~!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です